制汗剤

無添加のデオドラントでおすすめはこれ!添加物はキケン!?

投稿日:

オーガニック

様々な種類のデオドラントが市販で安く販売されていますが、中には添加物を多く含んでいるものもあります。添加物は皮膚の負担をかけてしまったり、人によってはかぶれてしまう可能性があります。やはりデオドラントも使うなら無添加に越したことはありませんよね。

今回は無添加のデオドラントでおすすめのものや避けるべき成分についてご紹介していきます。

チェックするべき添加物

「添加物は全て悪」とまでは言いませんが、成分によっては肌に負担をかけてしまったり、安全性が疑問視されているものもあります。デオドラントを選ぶ際は、余計な添加物が使われていないものを見つけるようにしましょう。

例えば、代表的な添加物としては以下のような成分があります。

防腐剤:雑菌の繁殖を防ぐために化粧品などによく使われている防腐剤ですが、成分によっては使い続けることで肌に蓄積され、細胞に影響を与えてしまうということが研究によってわかっています。(参考:ファンケル研究開発

 

着色料:着色料としてよく使われる「タール系色素」はメラニンを肌に定着させてしまうことでシミなどの原因となってしまう可能性があります。

 

パラベン:パラベンは化粧品の品質を維持するために良く使われている成分で、特に神経質になる必要はありませんが、肌質によってはアレルギーを引き起こしてしまうことがあります。

 

紫外線吸収剤:紫外線吸収剤は人によっては肌への刺激になってしまうことがあり、また成分によってはその安全性が懸念されているものもあります。

 

石油系界面活性剤:石油系界面活性剤は肌に残りやすく、敏感肌の人にとっては肌トラブルの原因となってしまうことがあります。

 

鉱物油:鉱物油が含まれている化粧品やデオドラントを使用すると、毛穴が詰まってしまうため、乾燥肌やニキビの原因となってしまうことがあります。

無添加のデメリット

このように、添加物には何かしらのリスクがあり、無添加のものを使うことに越したことはありませんが、無添加のデメリットとして防腐剤などを使っていないので、長期保存ができないという点があります。

特に、一度開封した化粧品やデオドラントに関しては、ずっと保管しておかず、メーカーが推奨している期限内に使い切ってしまうように注意しましょう。

無添加のデオドラントでおすすめはこれ!

無添加のものは海外のオーガニックデオドラントによくありますが、国産のデオドラントでも無添加のものは増えてきています。その中でも特におすすめなのが「クリアネオ」というデオドラントクリームです。

クリアネオは、

  • 香料
  • 着色料(タール系色素)
  • 鉱物油
  • 石油系界面活性剤
  • パラベン
  • オイル
  • 紫外線吸収剤

といった添加物を一切使っておらず、7種類の天然植物エキスが配合されています。

さらに、無添加・無香料なだけでなく第三機関による厳重な審査をクリアしていたり、放射性物質検査も行っているので敏感肌でも安心して使うことができるデオドラントです。

また、肌に優しいのでワキガ対策以外のも足の臭いやすそワキガ対策としても使用することができます。

-制汗剤

Copyright© 【クリアネオは効かない!?】実際に使ったリアルな口コミと効果 , 2020 All Rights Reserved.