制汗剤

無香料のデオドラントでおすすめ商品まとめ

更新日:

おすすめの無香料デオドラント

デオドラントを使う時に香りが付いていない方がいいという人も多いですよね。香料が配合されていることのデメリットもいくつかあります。

そこでここでは、無香料でおすすめのデオドラントについてご紹介していきます。

香料のデメリット

香料はいい香りがするというメリットがありますが、逆にデメリットもあります。

肌の負担になる

化粧品やデオドラントなどに使われている香料は、基本的に国際基準をクリアして安全性を確かめられているのでそこまで心配する必要はありませんが、肌質によってはアレルギー反応を起こしてしまい、肌の負担になってしまうことがあります。

また、合成香料の成分によっては肌への刺激性や皮膚障害を起こしてしまうリスクも懸念されています。特に香りにこだわりがなければ無香料のものを選んだ方が安心できます。

体臭と香りが混ざってしまう

ワキガなど体臭を抑えたいという場合に、香料の香りと体臭が混ざってしまい、余計に不快なニオイになってしまうという経験がある方も多いのではないでしょうか。

基本的に体臭対策としてデオドラントを活用する際には、無香料で香りがないものを使うのがおすすめです。

無香料の制汗スプレー

制汗剤として手軽に活用できるスプレータイプです。

エスカラット薬用デオドラント パウダースプレー

ミョウバンが配合されているため、抑臭効果や収れん効果によって汗のニオイを抑えることができます。他にも、汗吸収パウダーが入っていることで汗を抑えたり、イソプロピルメチルフェノールという殺菌成分によって雑菌の繁殖を抑えることができます。

8×4 パウダースプレー

制汗スプレーで最も有名なシリーズ8×4の無香料製品です。

パウダースプレーなので、脇や首筋などべたつきが気になるときに活躍してくれます。また、殺菌成分である「BGA(β-グリチルレチン酸)」やニオイを抑える「消臭緑茶エッセンス」が配合されているので、体臭対策として活用できます。

シートタイプの無香料

汗でべたつきが気になるときに便利なシートタイプです。

ビオレ さらさらパウダーシート

ビオレのさらさらパウダーシートは色んな香りの商品がありますが、これは薬用デオドラントの無香料タイプです。透明さらさらパウダー配合なので、汗をかいてもさらさらになる上に、白いパウダーが肌に残りません。全身にも使えるのでコスパはかなりいいです。

ギャツビー アイスデオドラント ボディペーパー

ボディーペーパーで薬局やスーパーなどでもよく見かけるギャツビーの無香料タイプです。安くて学生にもうれしい価格。スーッとする使用感なので、夏に汗のべたつきが気になるときにおすすめです。

スティックタイプの無香料

出かける前などに脇に塗っておくことができるスティックタイプです。

シークレット インビジブルソリッド

アメリカのデオドラントで有名なスティックタイプのでデオドラントです。無香料タイプで、汗を抑える効果とニオイを抑える効果があります。海外のデオドラントということで大容量で長く使うことができます。ただし、無香料のものでも石鹸のような香りがします。

ギャツビー スポットデオドラント スティック

ギャツビーが出している男性向けのデオドラントスティックで、こちらも汗とニオイを抑えてくれる成分が配合されており、さらにパラベンフリーというところがうれしいポイントです。

ワキガ対策ならクリームがおすすめ!

ここでご紹介してきたデオドラントはドラッグストアやAmazonなどでも安く買うことができる商品で、もちろん汗のべたつきや汗臭対策としては便利ですが、ワキガ臭を完全に消すことは難しいです。ワキガに悩んでいる人は、つけた瞬間はニオイが消えてもまたすぐに汗をかいたり、ワキガ臭が気になってきてしまうという経験があると思います。

やはりワキガ臭を対策するためには、効果が高く、持続力も高いクリームタイプが最もおすすめです。クリームの場合、長時間肌に密着してくれるので、一度つけたら効果はずっと続いてくれます。

デオドラントクリームで評判の高い「クリアネオ」は無香料の上、汗を抑える成分と殺菌成分がダブルで配合されているので、ワキガにはより高い効果を発揮してくれます。

また、市販の安いデオドラントには添加物が使われているものも多く、肌に負担がかかってしまったり、かぶれてしまうことがよくありますが、クリアネオの場合、無香料・無添加なので、安心して使い続けることができます。

-制汗剤

Copyright© 【クリアネオは効かない!?】実際に使ったリアルな口コミと効果 , 2020 All Rights Reserved.