制汗剤

シークレットはわきがには効かない!?おすすめしない理由と対策法

投稿日:

海外のデオドラント

わきがや脇汗対策で、市販のデオナチュレシリーズを使っているという人も多いと思いますが、なかなか効果がなく海外の「シークレット(Secret)」を試したみたというケースもよくあります。

ただ、それでもわきがには効かないという口コミも多く、シークレットをおすすめしない理由もいくつかあります。

シークレットはわきがには効かない?

シークレットは海外の会社が販売しているデオドラントで、わきが臭が強い傾向にある海外の人向けのものなのでいかにも効果が高そうな感じがしますが、実際に口コミを見てみると

  • 「わきがには効かない」
  • 「シークレットの香りとわきが臭が混ざって最悪のニオイになる」
  • 「使うと痒くなる」

といった声も多く見られます。

シークレットの成分を見てみると

アルミニウム塩、シクロペンタシロキサン、PPG-14ブチル、ジメチコン、鉱油、ワセリン、ステアリルアルコール、ドコサノール、シクロデキストリン、タルク、ヒマシ硬化油、(C20-40)パレス-10

となっています。

アルミニウム塩が多く配合されているので、汗を抑えるという点では優れていますが、殺菌やニオイを抑えるという点ではそこまで強力ではないという印象です。

もちろん中には効果があったという人もいますが、かなり軽度のわきがであったか、体臭に神経質な人で実際はわきがではなかった人だと思われます。

やはり大容量でコスパもいいのでシークレットでわきが臭を消せたらもちろんそれでいいのですが、ニオイの強いわきが臭を抑えるためには、より消臭成分にこだわったデオドラントを使うことをおすすめします。

シークレットをわきが対策におすすめしない理由

その他にもシークレットをわきが対策としておすすめしない理由がいくつかあります。

独特な香り

シークレットの悪い口コミとして「香りが苦手」という人も結構います。海外のデオドラントは日本人的にはあまり好ましくない香りであることがあります。

石鹸のような香りのフレグランスですが、口コミを見ているとよく「メロン」のようなニオイと表現されています。わきがのニオイと香料が混ざってしまうと余計に変なニオイになってしまうため、当サイトでも無香料をおすすめしていますが、シークレットの場合、無香料タイプのものでも香りはついています。

また、その香りが服についてとれなくなってしまったというケースもあるようです。

使用感

シークレットの使用感としては、ヌルヌルとする感じで不快に感じてしまう方も多いと思います。また、塗った後脇や服が白くなってしまうというデメリットもあるため、使用感としての評価も低めとなってしまいます。

成分

シークレットは主にアルミニウム塩によって汗を抑えるデオドラントで、日本の安い市販の制汗剤にもこのアルミニウム塩が配合されています。ただ、アルミニウム塩は肌質によっては痒くなってしまったり、体内に蓄積されることによるリスクなどが懸念されているため、できたらアルミニウムフリーのものを使うことをおすすめします。

送料や届くまでの時間

基本的にコスパのいい商品ですが海外の商品のため、送料が高くAmazonなどで買っても届くまでに1週間以上、長い場合は1カ月かかってしまうこともあります。

わきがに効くデオドラントは?

脇汗対策であればシークレットでも十分かもしれませんが、しっかりとわきがのニオイを消すためには、殺菌成分や抑臭成分が配合されているものを活用する必要があります。また、クリームタイプの方が持続力が高いのでおすすめです。

日本のデオドラントクリームの「クリアネオ」には、制汗成分だけでなく、殺菌成分であるイソプロピルメチルフェノール、ニオイを抑える柿渋エキス、その他4種類の植物性成分などが含まれており、わきが対策としてはより高い効果が期待できます。

さらに、クリアネオは無香料で無添加なのでより肌に負担をかけずに体臭ケアをすることができます。

-制汗剤

Copyright© 【クリアネオは効かない!?】実際に使ったリアルな口コミと効果 , 2020 All Rights Reserved.